社寺建築について

 目次

   
木造寺院の建築様式
   
近世真宗末寺の寺院整備と建築様式
   
木造社寺建築の維持、補修について
   
鉄筋コンクリート寺院の歩み
   
木造と鉄筋コンクリート造
   
鉄筋コンクリート寺院の建築様式

時代の変化によって建築様式も変わっていった

和様 (わよう)

日本の寺院建築は仏教の伝来に大きく関係しています。仏教が大陸より我が国に伝えられた時、同時に渡来した工匠(建築技術者)によって中国式の寺院が築造されました。この初期の建物が法隆寺金堂と五重塔です。時代が進み中国唐時代の伝来様式の代表例が薬師寺東塔です。
和様建築はこれら伝来の建築様式を日本風に改良改善した様式であり、代表例は唐招提寺金堂です。
以上は飛鳥、奈良時代の寺院建築様式です。
平安時代になると密教寺院様式と浄土寺院様式が誕生し大仏様式に移行する前の重要な位置を占めます。密教寺院は従前の平地に建つ寺院から山岳の地形に応じて建てられた寺院様式で天台宗比叡山延暦寺や真言宗高野山金剛峰寺です。
浄土寺院は皇族、貴族が極楽浄土に往生することを目的としこれを具現化するために建てられたもので、宇治の平等院が代表的なものです。


大仏様

鎌倉時代になると二つの建築様式が中国から伝来しました。その一つが初期伝来の大仏様です。大仏様式建物としては東大寺南大門、浄土寺浄土堂が現在見受けられます。様式的には挿肘木(さしひじき)を何段にも柱に差し込み、全てに皿斗を設け合理的な構造と部材による雄大で豪快な造りが特徴です。内部から見ると天井を張らず虹梁と束を積み重ねて屋根を支えるという構造は大仏様の持つ構造美を最もよく表現しているものであります。


禅宗様

禅宗様式も鎌倉時代に禅宗とともに導入された宋の建築様式で主に禅宗寺院の建物に用いられました。
禅宗様の特徴としては屋根の裾が反り返っていることや、軒下の斗きょうが詰め組みであり、また窓の形が火頭窓となっていることが挙げられます。これまでの和様や大仏様と比べると技巧的、装飾的で細部にも独特の意匠があり、和様とは異なる点が多いことが分かります。
禅宗寺院は武家勢力の庇護により数多く建立されたことで、早い時期に衰退した大仏様を除いて和様とともに寺院建築の主流となり、禅宗寺院にとどまらず他宗の寺院にも用いられ各地方に広がりを見せていきました。
禅宗様は唐様(からよう)とも言います。


折衷様 (せっちゅうよう)

和様を基にし大仏様や禅宗様の建築様式の優れた技法を取り入れた様式を折衷様と言います。鎌倉時代に導入された禅宗様式は禅宗の隆盛に伴い盛大に発展していきましたが、伝統的な寺院においては、なお和様建築様式の勢力が勝っていました。時代の経過により禅宗様技法の発達と共に和様との様式混合が著しくなり、さらに折衷様式も巧みなものとなって、室町時代には多くの折衷様式建築が現れるようになりました。
その後室町時代から江戸時代に至っては和様と禅宗様両者の区別が明確に分からないほどに折衷様式は変化していきました。

   
   

COLUMN

木造寺院の建築様式