木造と鉄筋コンクリート造

最近の寺院建築の改築、復興はめざましいものがあり、宗教建築に携わる者として誠に喜ばしいものがあります。ここでは木造と鉄筋コンクリート造の特徴を簡略にまとめてみました。

寺院建築の主材である内地木材は最近特に不足しており、特に良質な檜材及び欅材は大変貴重な材料となっております。原木の不足から、代用材として外国産木材を使用していますが、日本の風土に対する木材の耐用年数及び木材特性の未知数な部分が未だ多く、外国産木材を用いることの適、不適の判断を早急に下せない状況であります。反面、鉄筋コンクリート造は耐火、耐震性に優れておりますが近年工事中の不備が原因によるコンクリート強度不足等が見られます。が、適切な施工、管理が行われれば今後とも主要な材として利用されるものと思われます。

特徴的比較表

 

木造

鉄筋コンクリート造

耐久性 内地材を使用し、定期的修理を行えば永久的である

風雨に弱く腐ったり、虫害による損傷を引き起こす。

造営後の経過年数が短い。(注2) 

                     

地震、火災 筋違いが少ない為耐震性が不足する。(注1)

火災に対して類焼しやすく、また近隣家屋への延焼の恐れがある。

耐震規準により耐震性が大である

火災に対し類焼しにくく、また近隣家屋への延焼の恐れが少ない。

美観性 新築時は木目が美しい。

年月を経るとほこり等で汚れるが、自然の風趣が出てくる

重厚であり、塗装の塗り替えで新築時と同じ美観が味わえる。
内部造作は木造と同様の仕上げもできる
注1: 濃尾大震災において美濃地方の寺院は大垣別院を含め多くの寺院が壊滅的被害を受け、また阪神大震災においても一部の地域で大災害を被った。
注2: 東本願寺函館別院が本格的コンクリート造として大正4年に建立されてより

戻る